技術へのこだわり

YSSでは戦術的練習、シュート練習はほぼ行いません。尽きることのない個人技術への拘りを持っていますので、練習時間のほとんどはこうした技術系に時間を費やします。一番技術を習得しやすいと言われているゴールデンエイジの今だからこそ、よりボールに触れて5年後、10年後に備えるように指導しています。

またスクール生の多くは3号球(重量が5号球並みの430g)を練習のときに使用しています。3号球で小さいこと、それで重さもあるので、丁寧に扱わないと思うようにプレーできないことからより研ぎ澄まされたボール感覚を鍛えることができます。

molten(モルテン) ペレーダトレーニング [ Training 430g ] 3号球 F3P9200