ドリブル

ドリブルの原則

・選択肢を持ちながらのドリブル
・意図のあるドリブル

ジュニア年代はもちろんジュニアユースからそれ以降でも変わることのないのがこの原則、YSSではもちろんこの原則を踏まえた上でのトレーニングやゲームを行っています。

ドリブルには様々な要素がありその特性などを理解した上で活用することが重要です。

まず一般的にドリブルといえば相手を抜くドリブル、これはレガテと呼ばれ1対1の場面などでよく見受けられます。

他のドリブルは運ぶ(コンドォクシオン)に分類され、さらに細分化されます。スペースや前方に運ぶ、相手を引き付ける(フィファール)、人と人の間を割る(ディビディール)になります。