ネックキャッチ

1.2倍という少し頑張れば出来るという目標を持たせてみる。
1.5でもなく欲張って2倍とか3倍でもなく、そして少しずつステップアップ。

1、リフティングからネックキャッチ
2、ネックキャッチから腕立て伏せ
3、ヒールリフトからネックキャッチ

対象 低学年、高学年
難易度 B、C