ボールと一体になる

スピードをあげても左右にボールを動かしても常にボールを足にくっつけておく感覚を養うのに上の画像のように歩いてくる人や障害物をトップスピードで抜いていくという練習を行っています。ボールを少しでも離すと歩いてくる仲間や障害物の餌食となってしまいます。ボールが当たることは相手選手に奪われているのと同じこと、全学年、全スクール生が同じ場所で一度に行うYSSの代表的なメニューです。これにオプションとして目線をあげることを意識させるためにゴールを2箇所設けるメニューもあります。

ボールフィーリング
ボールと一体になる
緩急の変化
混雑ドリブル
スピードアップ
ドリブルゲーム